最新のおすすめ記事をピックアップ中!!
アーカイブ: 2016年03月
02
03

【心臓注意】ふざけてロシアンルーレットしたイケメンの末路・・・・(動画)

000
※何が凄いって 「彼」 が結局無事だったって事と、包帯でぐるぐる巻きになってもやっぱり 「イケメン」 だったって事でしょうか。  神様はいつだって不公平ですね。  彼はこのまま河童状態がデフォになるくらいでちょうどいいと思います。(ジェラシー)

コメント(0)

02
03

【閲覧注意】壮絶な夫婦喧嘩の末路が地獄絵図すぎて草も生えない。。。(画像8枚)

000
※ベトナムにて。  夫婦喧嘩がヒートアップ、激高した夫は愛する妻の喉を掻っ切り、そして自分の首も掻っ切ります。  でもよく見て下さい、男は果てる際に事切れた妻の手を握ろうとしてるではありませんか。  なんて神々しい愛の形なんでしょう。  地獄絵図の中で見つけたこれこそほんとの愛といってもいいのではないでしょうか。  「じゃあ殺すなよ」なんて無慈悲で辛辣な突っ込みの言葉は彼の真摯な求愛の姿に免じてぐっと堪えて下さい。  ・・では皆さん準備はいいですか?  2人が来世で再び出会える事を心より祈りまして。(合掌)

コメント(0)

02
03

【閲覧注意】お婆ちゃん、バスを降りた途端に「プチッ」と轢かれて死亡。(動画)

000
※ブラジルのとあるバス停にて。  停留所でバスから下車したお婆ちゃんに悲劇が襲い掛かります。  表現が悪いのは承知の上です。  だってホントに 「プチッ」 て聞こえてきそうなんですもの。(陳謝)

コメント(1)

01
03

【※トラウマ注意※】この 「水死体」 と目を合わせて脳裏に焼き付かなかったヤツが優勝。(画像2枚)

000
※ブラジル・セルジッペ州 エスタンシアで発見された水死体。  これはかなりの高確率で脳裏に焼き付きます。  自己責任で閲覧して下さい、、とりあえず1ヶ月のスタートに閲覧するには最も不適切な水死体な気がしますが、、ものは考えようですからね。  いっその事 「こんな死に方する人だっているんだから3月も頑張って乗り切るぞ」 ってポジティブな思考で今月もどうぞ宜しくお願い致します。(合掌)

コメント(3)

01
03

【超閲覧注意】「ねじきれる」 っていう死に方しってる? (画像6枚)

000
※ブラジル・アラゴアス州の高速道路で起こったバイクと車の事故画像、、、もうね、、最悪の最期です。  ヘタレ管理人はもちろん正視せずにレビューを書いていますが、ひどさの程はなんとなく伝わってきます。  「どうせ死ぬんだったら死に方なんかどうでもいい」 と思ってましたし、 「じわじわ死んでいくより事故とかの方が・・」 なんて感じでも思ってましたが、これは少し考えを改めないといけませんねぇ。  少なくとも 「直接的な死因」 を選べるのなら今回の 「ねじきれる」 に関しては真っ先に外していこうと思います。  合掌。

コメント(1)

01
03

【閲覧注意】19歳と16歳の女の子、トラックの巨大タイヤの下敷きになって・・・(画像9枚)

000
※カンボジア・プノンペンで起こった大型トラックとバイク事故の末路・・・。  これはキツイ、何がキツイって彼女達の「顔」が綺麗なままなのがとてもキツイです。  このての事後画像ってもう訳が分からないくらいぐちゃぐちゃになってる事が多いですが、この画像を見てむしろ 「綺麗に原型をとどめてる方がキツイ」 という事に気付きました。  まだこれから楽しい事ばかりの10代女子、最後の瞬間には何を考えたのでしょう。  大好きだった彼の事でしょうか、それとも週末にクラブのトイレでしたセックスの事でしょうか。  ・・今となっては知る由もありませんが、僕としては 「とりあえず早くトラックをどけたらどうでしょう」 と提案したくてたまりません。

コメント(0)

1 9 10 11
最新コメント(20件)
このブログについて

こんにちは、管理人のキンカンです。HNにまったく意味はありません響きで適当に決めました。間違っても「時には果実に時には薬に」なんて意味は込めておりませんので悪しからず。そんなどうでもいい事はさておき、当サイトはショッキングな映像、画像に特化したサイトです。そこそこキツイ動画、正視に堪えない画像などが多数あります。時にはエッチな内容なども出てくるので18歳未満の方、グロ、衝撃に耐性が無い人はすみやかに退出して下さい。 また動画のレビューなんかも記載していこうと思いますが、管理人のコンディションによって「再生せずにレビューを書く」などの暴挙に出る事があるらしいです。その際はコンテンツ内容とレビューとの間に多少の齟齬が生じたり生じなかったり、時にはネタバレなんかもあるらしいです。(適当) あと記事タイトルやレビューが不謹慎で気分を害する事もあるかもしれません。ですがそれも仕様です。 出来る事ならそんな細かい事は気にせずに参りましょう。衝撃もグロも所詮は他人事、片っ端からポチポチと閲覧して皆さまが「あぁ、日本に生まれてよかった。」「さぁ今日も仕事頑張るぞ」と少しでもポジティブに考えてくれればいいな、なんて思ったり思わなかったりの今日この頃です。


サイト説明

更新カレンダー
2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
サイト案内
アクセスランキング

アクセスランキング

【FX初心者に朗報!】