注目ネタピックアップ
最新のおすすめ記事をピックアップ中!!
アーカイブ: 2017年08月
30
08

「あっ、」と思った瞬間に作業員が死ぬ。(動画)

000
※中国にて、 トラックをクレーンで吊って作業をしている労働者が一瞬で死亡する映像。 この場合、 荷の下に入らないのが鉄則で彼はそれを守っていたのですが、 最悪の結果に。。 これは避けようがないですね。

コメント(1)

29
08

【閲覧注意】大型バスに轢かれた人間の体がコレ。(画像)

000
※ブラジル・アマゾナス州にて、 バイクが大型バスと事故を起こした現場写真。 バスに轢かれたバイク運転手は服を引き裂かれ上半身が裸の状態になりバスに轢かれた傷跡が生々しく残っており足は捻じられております・・・ 

コメント(3)

29
08

【閲覧注意】事故で胸に鉄柱が串刺しに・・・嘘みたいだろ?生きてるんだぜこれで。。(動画)

000
※中国にて、 事故で大きな鉄柱が胸に串刺しになった男性、 刺さったまま病院に運ばれ鉄柱を切断しようとしている映像。 心臓はそれていたのか生きているのが不思議なほどの大怪我です。。

コメント(0)

29
08

コレが映画撮影じゃなくて高速道路の事故だという事実。(動画)

000
※アメリカ・テキサス州のフリーウェイ(高速道路)にて、 大型トラックが荷台を上げながら走行して映画のようなクラッシュをしてる瞬間の映像。 撮影者が窓から手を出して忠告しているのにも関わらずフリーウェイの看板に突っ込みます。。

コメント(0)

24
08

【閲覧注意】ボイラーに落ちた人ってこうなるんだ・・・(動画)

000
※インドにて、 アスファルトを作るボイラーに誤って落ちてしまった32歳の男性が死亡する事故。 ボイラーの中で死亡した男性に紐をかけショベルカーで引き上げている光景がマジで怖い。 群がったギャラリーは遺体が近づくとダッシュで逃げる・・・

コメント(1)

23
08

【閲覧注意】猛スピードで激突したBMWの事故現場がマジで地獄。(動画)

000
※メキシコにて、 BMWが猛スピードで中央レーンに激突した事故現場の様子。 車は原型をとどめておらず地面には乗っていた人たちの遺体が転がっております。 かなりのスピードを出していたようで遺体も無残な事になっております。。

コメント(3)

19
08

【閲覧注意】頭蓋骨から出た脳がここまで綺麗なのは稀。(画像)

000
※タイにて、 バイクが衝突事故を起こした現場の画像。 運転手は血まみれで倒れており彼の頭蓋骨から出た綺麗なままの脳が道端に落ちております・・・ 即死だった事は言うまでもない。

コメント(0)

18
08

【自爆】このゴリマッチョが一撃で死亡した理由。(動画)

000
※南アフリカにて、 イベントに登場したゴリマッチョのボディービルダーの男性が観客の前でバク宙を披露しようとして失敗・・・ 頭から落下して死亡したとか。。 ここまで鍛えても簡単に死亡してしまうという事実。

コメント(2)

17
08

【閲覧注意】「顔」 が剥がれた男性、生きてはいるが虫の息。。。(動画)

000
※インド・カルナータカ州にて、 2人乗りのバイクが事故を起こした現場の映像。 1人はすでに息絶えているようでピクリとも動かない、 もう1人は顔の皮が剥がれ顎が裂けており虫の息状態に・・・ 辛うじて生きていますが至近距離で撮影されても無反応です。。

コメント(0)

12
08

【閲覧注意】死体が無造作に転がるタンクローリー爆発現場の様子ヤバすぎる。。。(動画)

000
※ナイジェリアにて、 タンクローリーが事故を起こした現場の映像。 大爆発を起こしたのか道端には焼死体が2体ころがっており、 タンクロリーは燃え盛っております。 この遺体は乗用車から脱出した人が焼けたのだろうか・・・

コメント(0)

最新コメント(20件)
このブログについて

こんにちは、管理人のキンカンです。HNにまったく意味はありません響きで適当に決めました。間違っても「時には果実に時には薬に」なんて意味は込めておりませんので悪しからず。そんなどうでもいい事はさておき、当サイトはショッキングな映像、画像に特化したサイトです。そこそこキツイ動画、正視に堪えない画像などが多数あります。時にはエッチな内容なども出てくるので18歳未満の方、グロ、衝撃に耐性が無い人はすみやかに退出して下さい。 また動画のレビューなんかも記載していこうと思いますが、管理人のコンディションによって「再生せずにレビューを書く」などの暴挙に出る事があるらしいです。その際はコンテンツ内容とレビューとの間に多少の齟齬が生じたり生じなかったり、時にはネタバレなんかもあるらしいです。(適当) あと記事タイトルやレビューが不謹慎で気分を害する事もあるかもしれません。ですがそれも仕様です。 出来る事ならそんな細かい事は気にせずに参りましょう。衝撃もグロも所詮は他人事、片っ端からポチポチと閲覧して皆さまが「あぁ、日本に生まれてよかった。」「さぁ今日も仕事頑張るぞ」と少しでもポジティブに考えてくれればいいな、なんて思ったり思わなかったりの今日この頃です。


サイト説明

更新カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
サイト案内
アクセスランキング

アクセスランキング