注目ネタピックアップ
最新のおすすめ記事をピックアップ中!!
アーカイブ: 2017年07月
21
07

【閲覧注意】トラックに踏みつぶされ「中身」が全て出た人の最期の表情。(動画)

000
※インドにて、 トラックのタイヤに踏みつぶされた男性の映像。 この男性はトラックの重さに体が耐えきれず内臓がほとんど出てしまう・・・ 現場に居合わせた人たちはトラウマになるでしょうね。。

コメント(0)

21
07

【史上最恐/閲覧注意】カルテルの人のバラし方が神の域に達する。。(画像

000
※メキシコにて、 麻薬カルテルがバラした人間の姿・・・ 殺害された人間は顔の皮を剥がれ、目をくり抜かれ、五体を切断される。 ここまで出来る人間がこの世に存在するだけで恐ろしいです。。

コメント(0)

20
07

【閲覧注意】走行中の列車に激突した人の顔だマジでゾンビなんだが・・・(動画)

000
※インドにて、 走行中の列車に激突したオッサンの顔がマジでゾンビみたいで怖い映像。 自殺でもしようとしていたのか、 どうやったら列車と顔面が激突するのかわからない。。 

コメント(0)

19
07

【閲覧注意】戦場でのブルドーザーの使い方。。。(動画)

000
※イラクにて、 戦闘が終わった戦場でのブルドーザーの使い方がヤバイ動画。 大量の遺体をブルドーザーでかき集め一か所にまとめております。 おそらく敵兵なのでしょう、 かなり雑な扱い方をしてますね。。

コメント(2)

18
07

【閲覧注意】列車に刺さった人の遺体を回収する映像。。。雑すぎて泣いた・・(動画)

000
※列車に刺さって自殺した男性の遺体を回収してる映像。 新しいタイプの自殺として先日公開した記事の続きになるこの映像、 現場にいた男たちが遺体を回収しているのですが、 髪を持って引き抜いてる・・・ ※関連 【閲覧注意】列車に鋭角に突き刺さっていく新しいタイプの自殺。(動画)

コメント(1)

16
07

【閲覧注意】両足首を失った人の悲痛な叫びをお聞きください。。耳に焼き付いた。。。。(動画)

0000
※インドにて、 列車に轢かれ両足首を無くした男性がレールの中央で苦しんでいる映像。 自転車が転がっているので事故だとは思いますが、 キレイに両足首を切断されております・・・ 

コメント(0)

16
07

【閲覧注意】森で ” 犬神家 ” のような遺体があったら・・・(画像)

000
※ブラジルにて、 森の中で映画「犬神家」のような状態で焼かれた人の遺体が発見される。 ドラム缶に頭から突っ込まれて火を付けられたのでしょう・・・ 途中で火が消えてこのような状態で発見されたんでしょうね。 発見した人めちゃ怖かったでしょうね。。

コメント(0)

15
07

【超・閲覧注意】レイプ犯「はぁ~気持ちよかった、さ、おっきい岩で頭潰したろ!」(画像)

000
※インド・マハーラーシュトラ州にて、 女の子がレイプされ殺害された状態で発見された。 この女性はレイプされた挙句、 頭に大きな岩を落とされ潰されていた・・・ さすがレイプ大国インド何でもありです。。

コメント(3)

14
07

【閲覧注意】トラックに轢かれた人が車にメリ込む・・・(動画)

000
※インドネシアにて、 大型トラックに轢かれ2人が死亡する事故が発生。 トラックのスピードが速かったのか1人は車のグリル部分にメリ込み、 もう1人はグッチャグチャに・・・ かなり悲惨な事故現場です。

コメント(0)

14
07

【超・閲覧注意】漁師が最も恐れる事件がこちら。(画像)

000
※海外の漁師が仕掛けの網を引き揚げたところ、 人間の遺体が入っていた・・・ 魚は人間の内臓を食べていたのか腹部に魚が大量に。 一番気になるのは、 このとき獲れた魚をどうしたのかです。。

コメント(3)

1 2 3 64
最新コメント(20件)
このブログについて

こんにちは、管理人のキンカンです。HNにまったく意味はありません響きで適当に決めました。間違っても「時には果実に時には薬に」なんて意味は込めておりませんので悪しからず。そんなどうでもいい事はさておき、当サイトはショッキングな映像、画像に特化したサイトです。そこそこキツイ動画、正視に堪えない画像などが多数あります。時にはエッチな内容なども出てくるので18歳未満の方、グロ、衝撃に耐性が無い人はすみやかに退出して下さい。 また動画のレビューなんかも記載していこうと思いますが、管理人のコンディションによって「再生せずにレビューを書く」などの暴挙に出る事があるらしいです。その際はコンテンツ内容とレビューとの間に多少の齟齬が生じたり生じなかったり、時にはネタバレなんかもあるらしいです。(適当) あと記事タイトルやレビューが不謹慎で気分を害する事もあるかもしれません。ですがそれも仕様です。 出来る事ならそんな細かい事は気にせずに参りましょう。衝撃もグロも所詮は他人事、片っ端からポチポチと閲覧して皆さまが「あぁ、日本に生まれてよかった。」「さぁ今日も仕事頑張るぞ」と少しでもポジティブに考えてくれればいいな、なんて思ったり思わなかったりの今日この頃です。


サイト説明

更新カレンダー
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
サイト案内
アクセスランキング

アクセスランキング